2010年06月22日

ピアノレッスン2010年4月〜5月 

ブラームスの間奏曲を新しい曲として練習し始めたのも束の間、4月のレッスンからは再び7月のコンクールで弾く「幻想即興曲」だけをみっちりしごいてもらうレッスンに。

さて、その頃私が弾く「幻想即興曲」は、弾けば弾くほど違和感が増していく迷走状態を続けていた。

コンクールを控えた私のモチベーションを下げないように気を遣ってくれているのだろう、先生は毎回「良くなってきてるよ」と言ってくれるのだが、私の演奏を聴いている時の先生の“気”は、良い演奏だと思ってる時の先生の”気”ではない。

※先生は、素晴らしいピアノ演奏をされる方であると同時に、凄まじい気を発せられる方なのだ。(ドラゴンボールかよっ!)

そんな状態のある日のこと、先生がおもむろに仰った。

「最近のりらっくまこちゃんの演奏、何がおかしいんだろうとずっと観察してたんだけど・・
 演奏が変になってる理由、今日わかった。」

 (−x−;)!!

 せ、先生やっぱり・・!
 最近の私の演奏、ずっと変だと思ってたんですね(涙)

「指が根元から動いていない!
 腕が必要以上に大きく動いてるのは、指じゃなくて腕の力で弾こうとしてる証拠!
 腕に余分な動きがある分だけ、ピアノの音も大回りになって軽やかな音じゃなくなってるの。つまり、

 腕を振って弾くな

 ( ̄○ ̄;)!!!!

 た、確かに最近の私が弾くピアノの音は重々しいし、弾くとやたらに腕が痛くなるのはそのせいだったのか・・なるほど!!

それからひたすら、指摘されたことに集中して練習を重ねること1ヶ月近く。
すると、迷走し出す前の感覚が段々と蘇ってきて、先生が私の演奏を聴いてる時の“気”も晴れやかなものに・・!!(o ̄∇ ̄o)

手応えを取り戻したように感じた頃、先生から

「じゃ、今度は中間部を弾いてごらん」と。

実は、私が迷走していたのは幻想即興曲の前半の部分で、中間部は先生が「中々良い」と判断したので、練習もレッスンもしばらく放置された状態だった。

久し振りに中間部を弾いてみると、先生が放つ“気”が晴れやかなものから一変、変な演奏を聴いている時の”気”に・・!!
 
 ヒィーー(((゚Д゚)))嫌な予感!!

「・・・。
 これはりらっくまこちゃんの趣味なのかな・・
 なんか、音楽が ねちっこい よ 」

 (o ̄∇ ̄)o!!ガーン

「い、いえ、好きで粘着質な音を出してるわけではないです・・(汗)
 本当はもっと澄んだ音を出したいです!!」

「だったらこの部分も、ちゃんと指を動かして爽やかな音を出して」

 ・・・一度褒められたことのある部分でも、少し練習を怠ればすぐに私のピアノは崩壊するのか・・(がっくり)

やっぱりピアノは一筋縄ではいかない。。

今度は中間部を1ヶ月あまり集中的に練習し、迷走状態から感覚を取り戻すまで結局2ヶ月近くかかりました。(; ̄ー ̄A
posted by りらっくまこ at 03:11| Comment(10) | ピアノレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。本番まであとすこしになったのですね。

いや、私も腕で弾いている可能性はありますね。というのは、ピアノを弾いたら、指ではなくて、腕が痛くなるのです。
まずいなあ。

どうしたらうまくなるのでしょうね。

とにもかくにもご健闘をお祈りしています。
Posted by のぞみ at 2010年06月24日 23:41
りらっくまこさん、お久しぶりでございます。

「幻想即興曲」を益々弾きこんでいっておられるみたいですね。
ショパンさんの曲は、ねちっこくないイメージ(スミマセンっ)なので、重たい音も軽やかに振舞わなくてはいけないので、難しいですね!
どんな曲でも、弾いても弾いても、新しい表現の発見があるのが、ピアノの面白いところですね!

重々しい表現は、ぜひともブラームスの曲で表現してください♪

もうすぐコンクールですね。りらっくまこさんの目指す演奏ができるように、応援しております☆
Posted by 白ひげ at 2010年06月26日 00:32
>のぞみさん

お久しぶりです!
いつ更新するかもわからない勝手なブログなのに、また覗きに来てくれてありがとうございます〜(=;ェ;=)

のぞみさんも腕が痛くなりますか!
私と同じですね? ̄m ̄ふふ

先生曰く、正しい弾き方をしていればどんなに長時間弾いても腕も指もどこも痛くならないそうです・・
体に無理のない状態で「自然に」弾くことが大事らしいですが、意識して「自然」な状態を作るのは案外難しいものですよね、ついどこかに余計な力が入ってしまいます・・。

とにもかくにも、のぞみさんが言うように本番まであともう少し!です。
応援の言葉、とても有難かったです。励みになります!!
Posted by りらっくまこ at 2010年06月26日 03:27
>白ひげさん

ご無沙汰しております!(*_ _)

ここ1年以上、ただただ幻想即興曲を弾いているという変わり映えのない内容でスミマセン・・。

こんな私をいつも応援して下さる白ひげさん、優しすぎます。
あっ、でも優しいままでいて欲しいな〜(笑)

白ひげさんのインテルメッツォ118-2の方はいかがですか?
重々しく仕上がってきましたか??
#あっ、もしかしてもう発表会で披露されたのかな・・

私の方は軽快な音に仕上がれるよう、頑張りますね!!( ̄- ̄)ゞ
Posted by りらっくまこ at 2010年06月26日 03:45
おはようございます〜!
来月いよいよ本番ですねっ!
正しい指摘を、原因究明した上でしてくれる先生って、素敵ですね!
もう出来上がりですもんね!
後は崩さなかったから、絶対大丈夫です!
楽しんで演奏してきて下さい!
「私はショパン…」と自己暗示ですよーっ!
Posted by つきこ at 2010年06月26日 08:46
>つきこさん

こんばんは(。・ω・)ノ゙です〜!
むむっ、なるほど「私はショパン・・」
”ピアノの詩人”の心になりきればいいのですね!(?)
自己暗示の力、信じてみたいと思います。というか、ここまできたらもうそれにすがるしかありません!!(おいっ)

いつもつきこさんの力強い応援コメントを読むと、勇気が湧いてきます(笑)
なんだかできる気にすらなってきましたYo!( ̄‥ ̄)=3
ありがとうございます!!
Posted by りらっくまこ at 2010年06月28日 00:55
はじめまして♪
いつも楽しく読ませて頂いてます。
りらっくまこさんのブログに勇気づけられて,私も16年ぶりにピアノレッスンをうけています。
コンクールで納得のいく演奏ができるよう応援しています!
Posted by のあ at 2010年06月29日 11:43
こんばんは。りらっくまこさん。

コンクールで演奏するには、きっと高い完成度の演奏を目指さなければいけないので、1つの曲に集中するのは当然なのですね。
それに、「幻想即興曲」は難曲ですし・・・テクニックを維持するのも難しそうです。

ご明察のとおり、インテルメッツォ「118-2」を先日発表会にて演奏しました。
次は、「117-1」を練習しようと思っています。
ブラームスシリーズってことで(笑)

りらっくまこさんも、コンクールが落ち着きましたら、ぜひブラームスの重たい扉を開けてみてください♪

それでは、コンクールまでご無理をなさいませんよう☆
Posted by 白ひげ at 2010年06月30日 00:17
>のあさん

はじめまして!(*゚▽゚)/
こんなブログをいつも読んで下さってる方が他にもいらしたとは・・!(驚)
生きているのか疑問に思えてくるほど更新の少ないブログをよくぞ発見して下さいました!!(笑)

のあさんがピアノを再開されるにあたって、このブログが少しでも背中を押す役割を果たせたのだとしたら、こんなに嬉しいことはありません!感激です。

応援のメッセージまで下さり、ありがとうございました。
お互い素敵なピアノライフを過ごしましょう♪
Posted by りらっくまこ at 2010年06月30日 02:22
>白ひげさん

そうですか〜!
インテルメッツォ118-2、発表会で披露されたんですね!!(ノ゚ω゚)ノ*おお〜
白ひげさんのお人柄でしたら(勝手に想像)、曲のイメージに合った優しい音色が響いたことでしょう!(さらに勝手に想像)←妄想爆裂中(こらっ)

次もブラームスですか〜!
同じ作曲家が続くと、なんとなくイメージがつかみやすいというか弾きやすいですよね。
ぜひ”ブラームスシリーズ”、続けていって下さい(笑)

私もショパン様ワールドが一段落したら、今度はブラームス様への扉を叩いてみたいです☆
Posted by りらっくまこ at 2010年06月30日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。