2009年01月09日

「シンフォニア11番」譜読み大苦戦【2】

前の記事からの続き。

先月から譜読みを開始した、バッハシンフォニア11番

譜読み1週間目は、楽譜の上段に書かれた左手で弾く音符まで右手で弾くと思いこみ、
自分には弾けないとたった2小節で譜読みを断念。
ピアノの先生に私の思い込み違いを指摘され、再び譜読みを開始した。

≪2週間目≫
どちらの手で弾くか混乱しないよう、楽譜の上段と下段を一緒に読んでいく。

またもや楽譜冒頭から。(1,2小節目)
シンフォニア11_5

ふむふむ。( ̄− ̄)
左手が四分音符1つの時に、右手は16分音符4つを弾けばいいわけね。←小学生レベル
ここまでは何とか読めた。

進んで3,4小節目。
シンフォニア11_6

ふ、付点8分音符?

シンフォニア11_6-2

・・・音符の長さがよく分からん(;゚Д゚)


ここから軽いパニック発生。(ノ ̄□)ノ
えーと、音符に付点がつくと確か音の長さが1.5倍になるから付点8分音符は4分音符で考えると0.75?
てことは、右手の付点8分音符と16分音符と8分音符は0.75+0.25+0.5、左手は4分音符と8分音符だから1+0.5、左手1の時に右手は0.75と0.25??


いちいち音符の長さを、4分音符を1とした単位におきかえないとわからなくなってしまった。(バカ?)
そして 1,2,3・・と足音を鳴らし、「いち、にぃ、さん」と声にも出しながら鍵盤を弾いて、音の長さを確認。(3の時以外もバカになってました)

混乱しながらも何とか譜読みは続き、

6小節目。
シンフォニア11_7

完全にパニックを起こした。ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ

おそらく本人にしか理解できないであろうその時の私の脳内の様子:
右手は@0.75+0.25+0.5を弾きつつA0.25+0.25+1を弾き、左手は1+0.5を弾くんだけど1を弾いた0.5の時に右手に置き換える??

音符の長さがよくわかってない上に、初めての3声で
元々狭い私のキャパシティを完全に超えた譜面だった。

それでも何とか3声を1声ずつ弾き、次に2声を両手で弾いて残り1声は自分の歌声、と順を追って(?)じわじわ時間をかけることでやっと解読。
この1小節を読むだけで1時間以上もかかったのは、もしかしたら私だけかもしれない・・。

こうして2週目の譜読みは、1行読み終えて終了した。(少なっ!)


そして ≪3週目〜≫
この曲にも大分慣れてきて、3週目で2行、4週目で4行・・と順調に譜読みは進んでいき
譜読み開始から1ヶ月経った今、楽譜1ページ分の譜読みが終わった。(・・・まだそれだけ!?)
posted by りらっくまこ at 01:25| Comment(4) | ピアノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
daland です。
こんばんは。お邪魔します。
頑張ってますね。
「子犬のワルツ」聴かせて頂きました。素敵です。
ピアノ楽しんで下さいね。
Posted by daland at 2009年01月10日 18:01
はじめまして こんばんは!
小1の子供にピアノを習わせたくて、夏に電子ピアノを購入し、30年ぶり(我ながらオソロシイ・・)に弾き始めた うりさんと申します。
たまたま家に楽譜があったので無謀にも「子犬のワルツ」を練習し、一応弾けるようになりました。
でも りらっくまさんの演奏を聞かせていただいて まだまだだなぁ〜と認識(>_<)
私は右手だけで必死なので左手のズンチャッチャッ(?!)がリズミカルにいかないのです(-_-)
でもそろそろ次の曲を・・・と思い ノクターンを選んだものの 最初の譜読みが面倒で・・・ひたすら子犬を弾く毎日です ^_^;
先生に習いに行きたいのですが、子供と同じところではない方が良くて、適当なところがなかなか見つかりません。
りらっくまさんは良い先生につかれているようで羨ましいです・・・
今日たまたまこちらのブログを見つけてうれしかったです。
これからも遊びに来ますね!
Posted by うりさん at 2009年01月10日 23:57
dalandさん、こんばんは!
先日は私の図々しい質問に快く答えて下さり、ありがとうございました。
まさか見に来てくれるとは思ってなかったので、嬉しい限りです(*゚ー゚*)
(内容の薄いブログですみません・・)
色々とつまずきながらも、何とかこれらからもピアノを楽しんでいきたいと思います(笑)
Posted by りらっくまこ at 2009年01月11日 02:41
うりさん、はじめまして。
現在子犬のワルツに挑戦中の同志の方とブログを通じて知り合えるとは…ブログの楽しさを知ってしまいました(笑)
コメント下さりありがとうございます。

さてさて子犬のワルツですが、一応弾けるようになってもそこからが難しいんですよね!
わかりますわかります。(←勝手に納得)
左手がリズミカルに動かないというのもとてもよく分かります、私もそうでした!
私の場合は、左手の伴奏が軽やかに弾けず なんというか重々しい伴奏になり先生に毎回のように注意されてました。(中々上達しない自分に何度も腹を立てたものです。。)

演奏技術はまだまだですが、こんな私でも何とかそれなりに(??)弾けるようになったのは、ひとえに今の先生のおかげです。
(習いに行って改めて自己流だと限界があると痛感しました)
良い先生に巡り合えた私は、本当に運が良かったと思います。
うりさんにとって良い先生も探し続ければ必ず見つかるはずです、早く巡り合えるといいですね。
Posted by りらっくまこ at 2009年01月11日 03:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。