2009年01月08日

「シンフォニア11番」譜読み大苦戦【1】

私は譜読みが苦手だ。

ピアノを再開してから弾いてきた曲(ショパンのワルツ2曲)は
元々知っている曲だったので、譜読みに手こずることはなかったが
とうとう大人になって初めて”知らない曲の譜読み”をすることになった。

バッハシンフォニア11番

よせばいいのにあえてCDは買わず”知らない”曲のまま譜読みに挑戦。
先月から譜読みを開始した。

≪1週間目≫

早速1行目から見てみる。
シンフォニア11_1

 ん?

シンフォニア11_2


・・・3/8拍子って何だっけ?(;´∀`) (そこから!?)


とりあえず1小節目を眺めてみる。
シンフォニア11_3

上段はわかりにくいので下段を見ると、四分音符が1つと八分音符が1つ。
ということは、1小節に4分音符が1.5。
4分音符×4で 4/4拍子 だから、4分音符×1.5だと・・

 3/8拍子 だ!!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォー
※当たり前のことをスゴイ発見のように書いている自分が悲しい・・。

わかったところで、譜読み再開(こんな調子で大丈夫なのか)。

私はいつも右手→左手の順に片手ずつ譜読みをするので、
次は上段の2小節目。
シンフォニア11_4

 むぅっ!?( ̄ェ ̄;)

シンフォニア11_4-2

ファの音を保ちながら1オクターブ下のなんて指が届かないけど!?(`ロ´;)
(バッハってものすごく指が伸びる人だったのかっ!?)

これですっかり譜読みが嫌になり、1週間目の譜読みは終了。(おいっ)

※翌週ピアノの先生に「指が届きません」と訴えたところ、あっさり「左手で弾くのよ」と言われ、そういえば楽譜の上段に書いてあっても左手で弾くこともあったな・・(逆もしかり)と思い出した。


先が思いやられる次週以降の譜読みは、次の記事に続く…。
posted by りらっくまこ at 17:42| Comment(0) | ピアノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。