2010年04月13日

ピアノレッスン2010年2月〜3月

■ハノン 音階、アルペジオ

どんな曲を弾いても私のボトルネックになる親指(大きく開かないので他の指より動きが少ない)の弱点を少しでも克服すべく、ド(親指)レ(人差し指)ドレドレドレ・・・をひたすら弾いて親指を慣らした後、音階とアルペジオも親指の運動に重点を置いて弾く練習。

■ショパン 幻想即興曲

コンクールの地区大会が終わって気が抜けたのか、迷走し出した。(;゚д゚)

行くたびに先生から違う注意をされ(といっても過去に注意されたことのあることばかり)、改善されたと思っていた色々な悪い癖が次々と蘇ってきてしまったかのようである。(悪夢)

先生に
「自分で弾いててどう思う?」と聞かれ、

「しょ、正直言ってもうわかりません。。。
自分の”ダメバージョン”の演奏パターンがたくさんありすぎて、もう何が良くて何が悪いかさえわからなくなっちゃったんです!!!」

と白状し、先生に笑われる始末である。

◆新しい曲

コンクールの予選が終わり次の地区大会出場を控えていた去年の12月頃、先生からはすでに「そろそろ次の曲も練習し始めないとね」と言われていた。
※内心、そ ん な 無 茶 な ( ̄[] ̄;) ! と思ったが、勿論そんなことは先生には言えない。

コンクールに出たりするのなら、次はこういう曲も弾けるようになると良いよ、と先生が勧めてくれたのがこの2曲。

 ・ブラームス 間奏曲 Op.118-2
 ・フォーレ  舟歌 第6番

2曲とも先生に弾いてもらうまで、全く知らなかった。(;゚(エ)゚)
#偉大なる作曲家の作品なのに無知でスミマセン・・

確か次の曲は、ドビュッシーの「月の光」で決まっていたはずだけど・・・?とちらっと思ったが、ブラームスに魅力を感じたので気にしない。あえて先生にも何も言わない(笑)

「どっちの曲でも良いよ。どっちにする?」と先生に聞かれ、
「ブラームスがいいです!!!ヾ(*´∀`*)ノ」と答えると、
「まあ、両方やればいいかあ。」

  ゚(∀) ゚ エッ?

「じゃっ、とりあえずブラームスから始めてみてね。」

 ハイ・・・。(心の声:エエっ、2曲(o ̄∇ ̄)o !?)

で、コンクールの地区大会が終わった2月から、ブラームス 間奏曲Op.118-2の譜読みを開始。
レッスンでも見てもらってるけど、相変わらず譜読みが超人的に遅い私は2曲制覇どころか、1曲さえままならず中々進まないのであった。
posted by りらっくまこ at 03:21| Comment(6) | ピアノレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ピアノ発表会の鑑賞

先日、ピアノの先生に

「今度私の生徒たちのピアノの発表会があるから、りらっくまこちゃんも良かったら見に来てね」

と言われたので、関係者でも何でもないのにちゃっかり見に行ってきた。

発表会に出てきたのは、小学生から大学生の未来ある若者たち。
(若さが眩しい・・( = =))

さすが先生のお弟子さんたちだけあって、どの子もみんな上手い。
特に、

 小学生が弾くショパン。
 (それもエチュードを弾いてる子が!)

 高校生が奏でるラフマニノフ
 (浅田真央選手のスケート曲で有名になった”鐘”を弾いてる子まで!!)

   衝 撃 で す ・・ (* ̄□ ̄*;

私が逆立ちしても弾けそうにない難曲を、淀みなく弾いていく子供たちの姿に度肝を抜かれた。
その上、小さい体ながらも自信のオーラを発しながらの堂々たる演奏姿・・もう脱帽っす。。

私もオーラを出せるぐらい練習しなきゃな〜〜、、という気にさせられました。(;´∀`)
posted by りらっくまこ at 03:27| Comment(4) | ピアノ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。