2009年07月29日

お茶会に向けて 〜連弾初合わせ〜

今日はレッスン時間を少し借りて、Mさんと連弾初合わせ。
(・Θ・;)どきどき

ブラームスの「ハンガリー舞曲5番」を、
私はパートI(メロディーの方)、MさんはパートU(伴奏の方)を
各自バラバラに練習してきた音が初めて1つになる時・・・!!

 「せーの」
の掛け声と共に勢いよく初め、

 1小節目からズレた。 Σ(T▽T;)いきなりかい!

曲のテンポをかなりゆっくりめにしようと話し、
気を取り直して再スタート。

 いやぁ、各々間違えること間違えること(笑)

この曲のキメの部分、1拍空けて「ジャンッ!!」と二人で和音を奏でる
ところも
 見事に息が合わず。(T▽T;;)

曲が終わる最後の1小節、肝心なシメの部分は私もMさんも和音を読み間違えてて
 不協和音でフィニッシュ。( ̄∇ ̄;;;)

想像はしてたけど、連弾で合わせるのってやっぱり難しい〜〜!!
でも、一人じゃ表現できない連弾ならではのこの音の広がり、迫力があって楽しい( ´∀`)


「ハンガリー舞曲5番」の初合わせが終わったところで、もう1つの連弾候補曲である「ルパン3世のテーマ」はピアノ連弾だとどんな感じになるか、私が買った楽譜に付いてたCDを先生とMさんに聴いてもらう。

・・・すると先生は、「おっ、カッコいいじゃん!!」と気に入ったご様子。

Mさんの方は、「ねぇ りらっくまこちゃん、コレ難しいんじゃ…?」と不安げな様子だ。
すかさず私は、「でも確か楽譜には“初級者から”って書いてあったから大丈夫だよ」と得意気に答えた。

それを聞いたMさんは楽譜を手に取り、パラパラと見ていたが

 「アレっ!? ねぇ、ルパンの曲には レベルC って書いてあるよ!?
  レベルCってナニ!?!?
  ああっ!この楽譜の表紙に”初級者から上級者まで”って書いてあるーー!!」

   ( ̄ロ ̄|||)なんと!?

そそっかしい私は、よく見ず勝手に”初級者向け”だと思い込んでいたが、どうやら「ルパン3世のテーマ」は上級者向けの曲だったらしい・・・。
(どうりで、やけに難しい譜面だなと思ったよ。。)

これは1,2ヶ月後のお茶会までに仕上げるのは厳しいかな、と思っていると

先生も、「うん、この曲は結構難しいと思うよ。二人ともジャズのリズムに慣れてないだろうから、リズムを掴むのが大変だと思う」と。

それを聞いたMさんは、間髪入れずに

 「じゃ、ルパンの連弾はクリスマス会で。」

全く計画されていなかったクリスマス会が誕生した瞬間だった。

ということで、お茶会では「ハンガリー舞曲5番」を、
クリスマス会では「ルパン3世のテーマ」を弾きま…いや、
弾けるといいな〜( ゚∀゚)
posted by りらっくまこ at 03:00| Comment(6) | ピアノ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ピアノレッスン2009年7月【2】

レッスン日:7/21

お茶会で弾く連弾の曲は何が良いかという話と、
私が次に練習する曲に先生が勧めてくれた曲(リストが編曲したシューベルトの小品集)の話で盛り上がってしまったので、ハノンはすっ飛ばして幻想即興曲から。

■ショパン 幻想即興曲 

前半まで弾ききると、

「左手の親指の動きが足りてない!
 そのせいでたまに親指の音が鳴ってなくて、
 伴奏に音声の故障が起きたみたいになってる!!」

 (o ̄∇ ̄)o!!ガーン

 いつも親指の動きが足りないと注意されるので、
 親指には気を付けて弾いてるつもりなのに…
 まだまだ練習不足なのかぁぁ“o(><)o”くう〜!

それから私が最も苦手な中間部では、

「うーん。右手の薬指が死んでる。
 りらっくまこちゃんの場合、演奏がおかしくなる時は大抵親指が原因だから、いつも
 ”音が変だと思ったらまず親指を疑え”って言ってるけど、
 今回ばっかりは犯人は薬指 だね!!」

 とうとう 今回から 新たな 犯人が登場してしまった・・・( ̄Д ̄;;

 確かに言われてみると、薬指がちゃんと弾けてない。
 薬指も、独立しにくい指らしいので気を付けなければ〜!
posted by りらっくまこ at 03:09| Comment(2) | ピアノレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ルパン3世のテーマ」の楽譜

ピアノの先生のお宅での発表会(通称・お茶会)で弾く
連弾曲の候補「ルパン3世のテーマ」が収録されていたので購入した楽譜。

ピアノスタイル 大人のデュオ・ピアノ(CD付)
リットーミュージック ¥2,100
大人のデュオピアノ
*「ルパン三世のテーマ'78」の他、「スターウォーズのテーマ」とか「アイ・ガット・リズム」とか結構色々な曲の連弾が収録されてる

譜読みが大大大苦手なので、2日かけてようやく片方のパートを読み終えた。
(ひたすら音符を追ってく作業、私にはしんどかった〜!!)

ルパン3世の曲は元々好きなんだけど、今回改めて
ルパンの曲はメロディーがカッコいいな〜と実感。
連弾用になってるこの楽譜は、ジャズっぽくアレンジされてて
原曲のカッコよさが更に引き出されイイ感じ(= ̄∇ ̄=)

ただ、結構スピーディかつリズミカルに弾かないと
ルパンっぽいカッコよさは出なさそう・・結構難しいかも。。( ̄_ ̄ i)
posted by りらっくまこ at 03:09| Comment(0) | ピアノCD・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

お茶会に向けて

私のピアノの先生のお宅では、毎年「お茶会」なるものが開催されるらしい。

最初にそれを聞いた時、”き、貴族がしてたやつだ!”と思った私は
 何するんだろ… まさかドレスとか着ちゃったりするのかナ・・
 (´∀`||;)ドキドキ

と内心ビビったが、よくよく聞いてみたところ

先生にピアノを習っている”大人の生徒”が集まって
お茶でも飲みながら「各々がピアノを発表する」というのが趣旨らしかった。
 内心ε-(´∀`*)ホッ

私と、私の前の時間にレッスンを受けているMさん(大人の女性)は
お互いお茶会未経験者で、先生から同時にその話を聞いたのだが
それを聞いたMさんは

 「お茶会!? え〜どうしよう! 弾ける曲ないよ!!
  連弾だったら気楽で良いのになぁ・・」

と言い出し、ちょうどその場にいた私は

 「あっ、ピアノの連弾って良いよねぇ」 と口にし、話の流れで

私はお茶会でMさんと
連弾することになった。

  ( ̄ー ̄?)ホワイ?


で、最近は暇さえあれば連弾の曲探しをしていたのだけど…

なにしろ、お茶会の開催は1〜2ヶ月後を予定しているようなので時間がないし、
Mさんとはあまり喋ったことがないからどんな曲が良いのかもわかんないしで、
どう選んだらいいのかがわからない(@Д@;
そんな中ムリヤリ絞り込んだ候補は、

 ・ブラームス「ハンガリー舞曲5番」
 (時間がないので短く簡単にアレンジしたバージョン)

 ・アニメ「ルパン3世のテーマ」
 (いっそのことウケ狙いに走る!!)

ハンガリー舞曲は、Mさんが楽譜を持っていたので私はそれをコピーさせてもらい、来週のレッスンの時にどんな感じになるのか2人で合わせてみる予定。

ルパン3世は、Amazonで注文した楽譜が昨日届いたので今日譜読みをしているところ。

さ〜て、どっちの曲がいいかなあ( ̄ヘ ̄;)ウーン
posted by りらっくまこ at 03:04| Comment(4) | ピアノ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

ピアノレッスン2009年7月【1】

レッスン日:7/7

■ハノン
指鳴らしに、音階とアルペジオを弾く。

■ショパン 幻想即興曲

曲の冒頭で、先生から何度もダメ出しが。

「最初は、フォルテ! フォ ・ ル ・テ !!
 デクレッシェンドだけど、突然音を小さくしないで!
 いつまでも ちんたら 弾くなぁぁ〜! アジタートだよ、激しく! はげしく!!!」

たった4小節程度で、注意されること満載である(;゚(エ)゚)

そして和音の中にメロディーが流れる部分(←超いい加減な説明ですみません)の
p(ピアノ)→ pp(ピアニッシモ)になる部分では、

 「ピアニッシモだからって、音が小さすぎ!メロディが鳴ってない!!
 主役を殺すな〜〜

 Σ( ゚∀)!!

 くっ、私が弾くとメロディーが死んでしまうなんて・・・
 ピアニッシモの表現は難しい!

そしてそして、私がこの曲で一番苦手な中間部、嬰ハ短調→変ニ長調に転調して曲の雰囲気がガラッと変わるところでは・・・

 「鍵盤は、ただ押せばいいってもんじゃないんだよ、エレクトーンじゃないんだから。
 鍵盤をつかむようなつもりで、鍵盤の底を意識して 弾いてみて」

うーんうーん・・。
聴くは易し、弾くは難し。(←?)
ここの部分(どこの部分だよ)、CDで聴いてる分にはメロディーはゆっくりだしそんなに指を動かさなくても良いし一番簡単に弾ける部分だと思っていたのに、いざ弾いてみると

 超 難 し い … ( ̄Д ̄;)

譜面どおりに鍵盤を押すことはできるけれど、この美しい旋律を”美しく”弾くことができないのだ。

先生に、
 
 「先生私、ここの部分をナメてました・・。
  すんごく難しいっす!!( ̄u ̄;) 」

と白状すると、

 「そうでしょう、ただ弾くことは出来ても中々 サマにならないでしょう。
 それが分かっただけでも、成長したってことだよ」

・・・。
なんかよくわからないところで褒められてしまった・・(ノ´∀`*)

ついでに、2オクターブくらい半音階で下って行く部分も苦手だと白状すると
 「コツは、親指を弾く時に手の甲を回転させることだよ」
 「こ、こうですか!?」←言われた通りに弾いてみるが、指がコケる

 「うん、弾き方はそんな感じで良いけど 指が転ぶのはただ単に
  練習不足 だね。
 コツは教えられるけど練習しなきゃ弾けないよ」

 (((((((((ヘ( ̄ω ̄|||)ヘ ギクッ

先生にあっさり見破られ、キツイ一言をいただいてその日のレッスンは終了しました。
posted by りらっくまこ at 03:14| Comment(4) | ピアノレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

人前でピアノを弾いたら

先日、知り合い(Rさん)のお宅にお邪魔していた時のこと。

Rさんのお宅にはグランドピアノがあるのだが、
丁度家に遊びにいらしていたRさんのお母様がグランドピアノを見て

「Rちゃん、ピアノ弾いてよ」と何気なく仰った。

するとRさんは、
「りらっくまこちゃんの方が上手だよ、りらっくまこちゃん弾いて」と私をご指名。

 (−x−;)なんと!?
突然言われてギョッとしたが、断る理由もない。

丁度その時Rさんの娘さんも近くにいたので、
Rさん3世代親子が見守る中、私はピアノを弾くことに。

自慢じゃないが、大人になってピアノを始めてから
家族とピアノの先生以外に自分のピアノを披露したことはない。
たとえ数人でも、誰かが注目する中ピアノを弾くなんて
根が小心者の私には、震えるくらい緊張してしまう出来事である。

 と、とりあえず1年も弾き続けてる
「子犬のワルツ」ならなんとか弾けるはずだ!短いし!!

意を決して小犬のワルツを弾き始めると、心臓がバックバックと跳ね上がるわ
指も滑りまくって音が跳ね上がるわ で、もう最悪。

しかも、とある1小節で突然頭の中が真っ白になった。

 あ、あれ 音が違う・・
 えっ ここの音って何だったっけ?

まさかの記憶喪失である。
 パニ━━━━━━(゚A゚;)━━━━━ック!!!!! 

尋常じゃない冷汗をかきながら音を思い出そうと必死になっていると、
Rさんの娘さんがそんな私に見かねた(?)のか
子供心に助け船を出そうとしてくれたのか、

「この前弾いてた、カッコイイ曲弾いてよ〜」と言った。

過去にRさんのお宅にお邪魔し、Rさんが洗濯物を取りに行ったりして
手持無沙汰になった時、たまにピアノを弾かせてもらっていたのだが
どうもその時弾いていたのを娘さんが聞いていたらしい。

”カッコいい曲”と聞いて、すぐにそれが
「幻想即興曲」のことだとわかったが
まだ弾けてもいない曲を人前で披露するなんて滅相もない!

私はとぼけて
「な、なんの曲だろうね〜あはは…(;・∀・)←滝汗」
と言ってそのまま終わらせようとしたが(←姑息なヤツ)、
すぐさまRさんが
「幻想即興曲じゃない?」と・・・。

・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

えぇい、こうなったらもう仕方ない!

やけっぱちになって、幻想即興曲の最初(有名な所)だけ披露。

すると何ということでしょう…。
原曲は、あんなにも美しい旋律を奏でる素晴らしい曲なのに…

通常よりも更に酷い状態の私が弾くことで

幻滅卒倒曲に・・・!!

     (lll゚Д゚)ヒイィィィ!!


Rさんのご家族は、とても心優しい方たちなので
「お上手ね〜」と慰めて下さいましたが、

ピアノの練習も大事だけれど、人前で弾くことに慣れる練習もした方がいいな・・と痛感し、その日は打ちひしがれて帰ってきました・・・。
posted by りらっくまこ at 03:15| Comment(10) | ピアノ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。