2008年09月06日

ピアノの練習をサボっていたら

せっかくピアノを習っているので、ピアノの練習はできるだけ毎日するようにしている。

が、弾いても弾いても中々上達しないショパンの「小犬のワルツ」になんだか腹が立ってきて、ここ最近は弾く気になれず練習をサボっていた。
そして久しぶりに弾いてみたピアノ。

野暮ったい音がした。( ゚д゚)

レッスンで先生に教えてもらっている間はなんとか「標準語」で都会人風を装っていたのが、標準語を使わないでいたら「訛りっぱなし」の田舎っぺになってしまったような音だった。

その後試行錯誤して弾いてみるが、もはや自分がどんな風に弾いていたのか、
どう弾いたら良いのかもわからない。

うぉぉ〜小犬のワルツなのに、なぜこんなにも粘着質な音になるのだ!(叫)
下手なのはわかるのに、改善する術は さっっぱり わからない!!!(泣)

恐怖のピアノラビリンス( ;゚ロ゚)(なんだそれ)

教訓:ピアノは1日にしてならず。
posted by りらっくまこ at 03:41| Comment(6) | ピアノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。